宗教法人 地蔵院

北向地蔵・各種供養・各種ご祈願・法話行脚等のことなら、大阪市城東区にある宗教法人地蔵院へ。

地蔵院コラム
HOME >  コラム  > 2009年コラム

地蔵院コラム

2009年コラム

コラム
書き込んだ時期や内容でコラムを検索することができます。
時期 : 「1月」「2月」など
内容 : 「元旦」「彼岸」「お盆」など

先祖供養とお護摩の続き・・・と、寒さ忘れた愚僧の話(爆笑)

2009年12月21日

今日も寒い一日でしたね。
こうも寒いと、朝は、辛いものですね。特に、愚僧など、寒がりの怠けの者には・・・( 汗 )


今日は、納め大師の日。少しばかり遅くなりながら、一年のお礼のお参りをさせて頂きました。
本堂内の不動内陣と、薬師壇に居られるお大師様も、
 「 こいつは、いつも、いつも・・・・ 」
笑いながらも、心根を、お受け取り下さったか???と思う、笑顔のお姿でした。


さて、昨日のコラムの事ですが、少し、訂正です。


先祖は、「 因 」 我々は、「 果 」 と言うほうが、正しそうです。
で、専ら言われるのは、我々の今の現状の 「 果 」 は、
全て、先祖の 「 因 」 の所為だ!と言う事で、
我々の 「 果 」 に付いては、問われない事が多いのですね。


その、先祖の 「 因 」 と、我々の 「 果 」 を、結ぶものが、「 縁 」 です。


『 因果応報 』 は、前述の話。
『 因縁生起 』 が、愚僧は、好きです。


いくら 「 因 」 が、あっても、それを、「 果 」 にする 「 縁 」 が要る。
そう言う事です。
専ら、「 因 」 が悪い訳でなく、その 「 因 」 を、どのような 「 果 」 にするか?
その 「 縁 」 の方が、重要ですね。


 『 物に定まれる性無し。人、何ぞ常に悪ならん。
   縁に遇う時は、すなわち、庸愚も大道を乞い願う 』 お大師様の言葉です。


そういう、「 縁 」 に、お護摩修法は、最適切なのです。
「 因 」 に当たる先祖と、「 果 」 に当たり、しかも、これから、「 因 」 にもなる我々。
これを同時に、清め、高める。
正に、お護摩修法の功力・功徳の 「 縁 」 ではなかろうか?愚僧は、そう思うのです。


さてさて、夕方、用事を済ませようと、外出の準備。
 「 大変!スガオの頬っぺたが、腫れてる! 」 伯母の声。
見れば、右頬は、ぷ~っと、腫れ上がってます。


外出もそこそこに切り上げて、犬猫病院へ・・・・・。
 ( 何せ、年寄りな伯母。一度、気になりだしたら・・・これも、孝行???笑 )
「 頬に、爪痕がありますねぇ~。化膿してますよ。 」
麻酔をかけて、少々切開でした。


ハハハ・・・寒さ忘れて、自転車を走らせた愚僧なのでした( 爆笑 )

地蔵院コラム
地蔵院コラム 地蔵院コラム 地蔵院コラム
このページのTOPへ戻る